Browse and download our factsheets in Japanese

Many women leak urine or wet themselves when they cough, sneeze or exercise. This urine leaking is called stress incontinence. There are many treatments to try first. But some women need to have surgery for this problem.

多くの女性は、咳、くしゃみ、または運動をするときに尿漏れします。この尿漏れは緊張性尿失禁と呼ばれます。最初に試すことができる治療法は多数あります。ただし、手術が必要となる女性もいます。

What causes bladder control problems?

Bladder control problems are mainly caused by damage to:

  • pelvic floor muscles.
  • the tissues that support the pelvic floor muscles.

The floor of the pelvis is made up of layers of muscle and other tissues. These layers stretch like a hammock. They go from the tailbone at the back to the pubic bone at the front. The muscles and tissues support the bladder, uterus (womb) and colon (bowel). The urethra (urine tube), vagina and the rectum (back passage) all pass through the pelvic floor muscles.

The pelvic floor muscles do a number of things. They help to:

  • lift the bladder.
  • squeeze around the vagina and the rectum (back passage).
  • help to hold the bladder, the uterus (womb) and bowel (colon) in their proper place.

Bladder control problems can start when the pelvic floor muscles are made weaker by:

  • not keeping them active.
  • being pregnant.
  • having babies.
  • growing older.

When the pelvic floor muscles have to support heavy loads they may not be strong enough.

Heavy loads press down on the pelvic floor muscles when you:

  • are pregnant.
  • are overweight.
  • push and strain to use your bowels if you are constipated.
  • carry heavy weights.
  • have a cough that goes on for a long time such as with asthma, bronchitis or a chronic cough.

For more information, see the brochure ‘One in Three Women Who Ever Had a Baby Wet Themselves’.

膀胱コントロールの問題が起こる原因は何ですか?

膀胱コントロールの問題は主に、以下の損傷が原因で発生します。

  • 骨盤底筋。
  • 骨盤底筋を支える組織。

骨盤底は、筋肉の層とその他の組織で構成されています。これらの層はハンモックのように伸縮します。これらは、背中の尾骨から前部の骨盤まで伸びます。筋肉と組織は、膀胱、子宮、および直腸(腸)を支えます。尿道、膣、および肛門はすべて、骨盤底筋を通っています。

骨盤底筋にはいくつかの機能があります。骨盤底筋の機能は次のとおりです。

  • 膀胱を持ち上げる。
  • 膣と肛門の周囲を絞る。
  • 膀胱、子宮、および腸(結腸)を正しい位置に保つ。

膀胱コントロールの問題は、骨盤底筋が以下の理由で弱まることが原因で発生することがあります。

  • 使い続けていない。
  • 妊娠。
  • 出産。
  • 加齢。

骨盤底筋に重い負担がかかるとき、骨盤底筋の強さが十分でないことがあります。

以下の場合に、骨盤底筋に重い負担がかかります。

  • 妊娠している。
  • 肥満である。
  • 便秘しているときに排便するためにいきむ。
  • 重い荷物を運ぶ。
  • 喘息、気管支炎、または慢性咳など、長期にわたる咳をしている。

詳細については、「出産経験がある3人に1人の女性が尿漏れする」を参照してください。

How can bladder control problems be treated?

Better bladder control happens when pelvic floor muscles get stronger. They get stronger by pelvic floor muscle training. The brochure ‘Pelvic Floor Muscle Training for Women’ tells you how. Your continence physiotherapist or continence nurse advisor can also help.

膀胱コントロールの問題はどのようにして治療できますか?

骨盤底筋を強化すると、膀胱コントロールが改善します。骨盤底筋のトレーニングをすることで強化できます。パンフレット「女性のための骨盤底筋のトレーニング」にその方法を記載しています。失禁理療療法士、または失禁看護アドバイザーからも支援を受けることができます。

When is surgery needed?

Pelvic floor muscle training alone sometimes does not help improve bladder control. Leaking urine can make it hard to cope with day to day life. In cases like this, surgery may be needed.

Surgery should never be a first choice

All surgery has risks. You must discuss these risks with your surgeon.

どんなときに手術が必要ですか?

骨盤底筋のトレーニングだけでは、膀胱コントロールが改善しないことがあります。尿漏れをすると、毎日の生活が大変になる可能性があります。このような場合、手術が必要となることがあります。

手術は、決して最初の選択肢であってはなりません。

すべての手術にはリスクがあります。リスクについて外科医と話し合う必要があります。

What is the most common surgery?

If the urethra (urine tube) is not supported properly, this can cause poor bladder control. There are now ways to place synthetic tapes inside to support the urethra when this is the cause of poor bladder control. This type of surgery can be done under general or local anaesthetic. It is most often only day surgery.

最も一般的な手術は何ですか?

尿道が適切に支えられていない場合、膀胱コントロールを弱める原因となります。これが膀胱コントロールを弱めている原因である場合、尿道の内側に合成テープを入れて尿道を支える方法があります。この種類の手術は、全身麻酔または局部麻酔をかけて行うことができます。多くの場合、日帰り手術になります。

What are some other options?

The Burch colposuspension is another option. This surgery uses stitches inside. The stitches form a sling under the bladder neck. This can be done using open or key-hole surgery.

There are some agents in gel form that can be injected. These can be put into and around the bladder neck. This plumps out the bladder neck so it closes better. These gels do not work as well or last as long as the other surgeries. But they are simple and less likely to cause problems. Again, you should discuss the risks of surgery with your surgeon.

それ以外のオプションは何ですか?

もう1つのオプションとして、Burch式膀胱頸部挙上術があります。この手術では内部を縫合します。膀胱頸部の下にスリングを形成します。これは、開腹手術または鍵穴手術のいずれかで実施できます。

注入できるジェル状の薬剤があります。これを膀胱頸部の周辺に追加できます。これにより、膀胱頸部が太くなり、よく閉じるようになります。これらのジェルは他の手術ほど長期間にわたる効果がありません。ただし、これは簡単で副作用の少ない方法です。再度いいますが、外科医と手術のリスクについてよく話し合うことをお勧めします。

What should you ask your surgeon?

Talk with your surgeon before you agree to have surgery. Make a list of questions that you want to ask. You might ask:

  • why this type of surgery has been chosen for you?
  • how well it will work?
  • about the details of the surgery.

外科医に何を尋ねる必要がありますか?

手術を受ける同意をする前に、外科医とよく話してください。尋ねる質問のリストを作成してください。次の質問をすることができます。

  • なぜこの種類の手術が選ばれましたか?
  • どのような効果がありますか?
  • 手術の詳細について教えてください。

Seek help

You are not alone. Poor bladder and bowel control can be cured or better managed with the right treatment. If you do nothing, it might get worse.

Phone expert advisors on the National Continence Helpline for free:

  • advice;
  • resources; and
  • information about local services

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm Monday to Friday AEST)

* Calls from mobile telephones are charged at applicable rates.

To arrange for an interpreter through the Telephone Interpreter Service (TIS), phone 13 14 50 Monday to Friday and ask for the National Continence Helpline. Information in other languages is also available from continence.org.au/other-languages

For more information:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* Calls from mobiles are charged at applicable rates.

助けを求める

お悩みの方はあなただけではありません。排尿と排便のコントロールの問題は、適切な治療を受けることで回復または管理できます。そのままの状態では、悪化することがあります。

National Continence Help Line(全国失禁ヘルプライン)に電話すれば、無料で専門家による以下のアドバイスが受けられます。

  • アドバイス
  • 資料、および
  • 地元のサービスに関する情報

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm 月曜〜金曜、東部標準時間)

電話通訳サービス(TIS)を通じて通訳を手配するには、月曜日から金曜日の間に13 14 50にお電話し、National Continence Help Lineに電話してもらってください。その他の言語での情報は、continence.org.au/other-languagesから入手できます。

詳細情報:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* 携帯電話からの電話には、通常の携帯料金が課されます。

0

Last Updated: Wed 15, Jul 2020
Last Reviewed: Tue 17, Mar 2020