Browse and download our factsheets in Japanese

What is poor bowel control?

People with poor bowel control accidentally pass bowel motions at the wrong time or in the wrong place. They may also pass wind when they do not mean to.

排便コントロールの問題とは?

排便コントロールにお困の方は、不適切な時間と場所で排便をしてしまう便失禁を起こしたり、また、意識せずに放屁してしまうこともあります。

Is poor bowel control common?

About 1 in 20 people has poor bowel control, occurring in both men and women. It can occur at any age, but is more common as you get older.

Many people with bowel control problems also have poor bladder control. This means they may also wet themselves.

排便コントロールの問題は頻繁に生じますか?

男女に関わらず、約20人に1人が排便コントロールにお困りです。年齢に関わらず生じますが、加齢とともに起こる頻度が高まります。

排便コントロールにお困りの多くの方は、排尿コントロールにも問題があります。つまり、尿漏れも生じることがあるということです。

What causes poor bowel control?

Weak Muscles

Your pelvic floor muscles extend in and around your anus (back passage).

These muscles help you to control when you need to empty your bowels and help you hold on until you get to the toilet.

If these muscles are weak, you may:

  • not be able to hold on well.
  • need to rush to the toilet to empty your bowels.

These muscles may become weak because of:

  • giving birth.
  • getting older.
  • some types of surgery – such as for haemorrhoids (piles).
  • radiation therapy.

Control of the pelvic floor muscles can also be affected by a number of brain or nerve problems such as stroke, diabetes and dementia.

排便コントロールの問題を引き起こす原因は?

骨盤底筋が弱い

骨盤底筋は、肛門内とその周辺につながっています。

この筋肉は、排便をする必要があるときにコントロールし、トイレに行くまで我慢できるようにします。

この筋肉が弱いと、次のような症状があります。

  • 我慢することができない。
  • 排便する際、トイレに急いで行く必要がある。

この筋肉は次の理由で弱くなることがあります。

  • 出産。
  • 加齢。
  • 痔のために行った手術など 。
  • 放射線治療。

骨盤底筋の制御は、脳卒中、糖尿病、認知症など、多くの脳または神経の問題によって影響を受けることがあります。

Bowel urgency and diarrhoea

Diarrhoea means passing loose bowel motions. This can mean you need to rush to the toilet. Loose bowel motions make it harder to hold on until you get to the toilet.

Diarrhoea has many possible causes, including:

  • use of laxatives, especially if overused or used incorrectly.
  • bowel or stomach infection such as gastroenteritis.
  • bowel diseases such as diverticulitis, Crohn’s disease, ulcerative colitis and irritable bowel syndrome.
  • some antibiotics.
  • food allergies or intolerances e.g. wheat, gluten, lactose, dairy and fructose.

It is recommended you see your doctor about this problem.

排便切迫感と下痢

下痢では、柔らかい便が出ます。そのため、トイレに急いで行く必要 があります。便がゆるいため、トイレに間に合わないことがあります。

下痢には、以下を含む多数の原因が考えられます。

  • 下剤の使用(特に、服用し過ぎたり、正しく使用しない場合)。
  • 胃腸炎など、腸や胃の感染症。
  • 憩室炎、クーロン病、潰瘍性結腸炎、過敏性腸症候群などの腸の疾患。
  • 一部の抗生物質。
  • 小麦、グルテン、乳糖、乳製品、または果糖などに対する食物アレルギーまたは不耐性。

この場合、医師の診断を受けることをお勧めします。

Constipation

Bowel motions can sometimes get clogged in the lower bowel. In severe cases, liquid can leak out around the clogged mass. This can cause you to soil yourself.

便秘

大腸内に便が詰まることが時々あります。悪化すると、詰まった便の周囲から液体が漏れることがあり、便が漏れてしまいます。

What should you do about poor bowel control?

There are many causes of poor bowel control. A careful check is needed to find the causes. The check can also find those things that make it worse. If you have bowel accidents talk to your doctor.

You should also let your doctor know if you have:

  • a change in your normal bowel habits, including:
    • going to the toilet more often.
    • having loose bowel motions.
    • straining to pass hard bowel motions.
  • pain or bleeding from the anus (back passage).
  • a feeling that your bowel is never quite empty.
  • dark or black bowel motions.
  • weight loss that you can’t explain.

Your doctor may:

  • ask you some questions.
  • do a physical examination.
  • ask you to keep a diary of your bowel habits for a few days.
  • ask you to keep a list of what you eat and drink for a few days.
  • send you for an x-ray or tests.

排便コントロールの問題の対処法は?

排便コントロールの問題の原因は多数あります。原因を特定するために慎重な検査が必要です。検査により、症状を悪化させる状況も発見できます。便失禁をする場合、医師にご相談ください。

以下の内容も医師に伝える必要があります。

  • 次を含む、通常の排便習慣に変化があった場合
    • より頻繁にトイレに行く。
    • 便がゆるい。
    • いきんで排便している。
  • 肛門に痛みがある、または出血している。
  • 残便感がある。
  • 便の色が濃いまたは黒い。
  • 特に理由がないのに体重が減少した。

医師は次のことを行います。

  • 質問をする。
  • 診察をする。
  • 数日間にわたり、排便習慣を記録するよう求める。
  • 数日間にわたり、摂取した食べ物と飲み物を記録するよう求める。
  • レントゲンまたは検査の手配を行う。

How can poor bowel control be helped?

Loss of bowel control is a warning sign and not a disease in itself. The right care will depend on what is causing the problem.

Care may include:

  • getting constipation under control.
  • getting diarrhoea under control.
  • checking the medicines you take.
  • writing a script for medicine:
    • to firm up your motions, or
    • to settle your bowels.
  • pelvic floor muscle training to help make your pelvic floor muscles stronger.
  • treatment by a continence physiotherapist or continence nurse advisor. This might include use of equipment to help you get the pelvic floor muscles working better.
  • referral to a surgeon or other specialist doctor.
  • ensuring a good bowel routine.
  • making sure you are:
    • eating the right type and amount of fibre.
    • drinking the right type and amount of fluid.
  • Checking how you sit on and use the toilet. Sit on the toilet with your knees bent up a little higher than your hips. Rest your forearms on your thighs.
 

排便コントロールの問題はどのようにして改善できますか?

排便コントロールがうまくできないことは、病気を示す警告であり、それ自体は病気ではありません。問題の原因によって、適切な対処法は異なります。

対処法には以下が含まれます。

  • 便秘を治療する。
  • 下痢を治療する。
  • 服用している医薬品を確認する。
  • 以下の医薬品の処方箋を出す。
    • 便を固くする、または
    • 腸を落ち着かせる。
  • 骨盤底筋を強化するための骨盤底筋トレーニングをする。
  • 失禁理療療法士または失禁看護師による治療を受ける。ここでは、骨盤底筋を強化するために、機器を使用する場合があります。
  • 外科医またはその他の専門医に紹介する。
  • 定期的な排便習慣を確立する。
  • 以下のことを確認する。
    • 適切な種類の繊維を適切な分量摂取する。
    • 適切な種類の水分を適切な分量摂取する。
  • トイレの座り方と使用法を確認する。腰よりも膝が少し高くなるように、膝を曲げて座る。腕を太ももに置く。
 

Seek help

You are not alone. Poor bladder and bowel control can be cured or better managed with the right treatment. If you do nothing, it might get worse.

Phone expert advisors on the National Continence Helpline for free:

  • advice;
  • resources; and
  • information about local services

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm Monday to Friday AEST)

* Calls from mobile telephones are charged at applicable rates.

To arrange for an interpreter through the Telephone Interpreter Service (TIS), phone 13 14 50 Monday to Friday and ask for the National Continence Helpline. Information in other languages is also available from continence.org.au/other-languages

For more information:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* Calls from mobiles are charged at applicable rates.

助けを求める

お悩みの方はあなただけではありません。排尿と排便のコントロールの問題は、適切な治療を受けることで回復または管理できます。そのままの状態では、悪化することがあります。

National Continence Help Line(全国失禁ヘルプライン)に電話すれば、無料で専門家による以下のアドバイスが受けられます。

  • アドバイス
  • 資料、および
  • 地元のサービスに関する情報

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm 月曜〜金曜、東部標準時間)

電話通訳サービス(TIS)を通じて通訳を手配するには、月曜日から金曜日の間に13 14 50にお電話し、National Continence Help Lineに電話してもらってください。その他の言語での情報は、continence.org.au/other-languagesから入手できます。

詳細情報:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* 携帯電話からの電話には、通常の携帯料金が課されます。

0

Last Updated: Wed 15, Jul 2020
Last Reviewed: Tue 17, Mar 2020