Browse and download our factsheets in Japanese

Why do people with dementia have trouble with bladder and bowel control?

People with dementia have memory loss. They may be confused and not know where they are. This confusion can cause bladder and bowel control problems or make the problems worse.

People with dementia may have trouble with:

  • knowing they need to pass urine or empty their bowels.
  • holding on until they get to the toilet.
  • finding the toilet.
  • knowing they need to unzip trousers when going to the toilet.
  • knowing they need to pull down their pants when going to the toilet.
  • being away from home and not knowing where the toilet is.
  • urinating or opening their bowels in places they should not.
  • depression, anxiety, stress, or illness. These can make bladder and bowel control problems worse.

認知症の人が排尿と排便のコントロールができない理由

認知症の方は、記憶を失います。混乱して自分がどこにいるかわからないことがあります。このように混乱するために排尿および排便コントロールに問題が生じたり、問題が悪化する可能性があります。

認知症の人には以下に困難を覚えることがあります。

  • トイレに着くまで排泄しないようにする。
  • トイレを見つける。
  • トイレに行くときにズボンのチャックを開ける必要があることを認識する。
  • トイレに行くときにパンツを下ろす必要があることを認識する。
  • トイレに行くときにパンツを下ろす必要があることを認識する。
  • 外出時、トイレがどこにあるかわからない。
  • してはいけない場所で排尿または排便する
  • うつ病、不安症、ストレス、または疾病の倍、排尿および排便コントロールの問題を悪化させる可能性があります。

Can anything be done for people with dementia who have trouble with bladder and bowel control?

Yes.

Dementia may rule out some treatments. But there are still ways to provide comfort and dignity.

Here are some tips to work in a helpful way with people with dementia

  • Watch the person’s bowel and bladder habits for a while. This may show a pattern of toileting habits.
  • Watch for signs they want to go to the toilet. For example, they may become restless, walk a certain way or pull at their clothing. The person can then be taken to the toilet in time.
  • People with dementia or confusion may not notice the urge to empty their bowels or bladder. This can lead to leaking of normal bowel actions or wetting of pants. A common time for bowel motions to happen is soon after a meal, often after breakfast.
  • Listen with care and respond to the person.
  • Get rid of clutter in the living areas. This may make it easier for them to find their way to the toilet.
  • Keep the space around them simple and well known to them.
  • Show respect and sincere care.

Check bladder and bowel control

Seek help from their doctor, continence physiotherapist or continence nurse advisor.

A bladder and bowel control check-up will include a physical check. The health professional will ask about when, where and why problems happen.

The carer is often the best person to give the details needed. The carer might be asked to give details about:

  • the time the person goes to the toilet and/or leaks.
  • how much leakage there is.
  • when and how often they open their bowels.

How to help poor bladder and bowel control

  • Make sure the person with dementia consumes 1.5 - 2 litres of fluid per day unless the doctor says this is not okay. Adequate fluids can:
    • help treat bladder infections.
    • make the bowels work better.
    • keep the bladder healthy.
  • Cut down on drinks that contain caffeine. Caffeine can upset the bladder. There is caffeine in coffee and cola drinks. There is less caffeine in tea.
  • Avoid constipation. Make sure the person:
    • eats 2 pieces of fruit and 5 serves of vegetables daily.
    • consumes 1.5 - 2 litres of fluid per day unless the doctor says this is not okay.
    • keeps as mobile as possible.
  • Treat constipation when it occurs.
  • Watch for signs the person wants to go to the toilet.
  • Make a note of the times they most often go to the toilet. Also note the times they are most often wet.
  • Ask or help them to use the toilet at these noted times. Taking them to the toilet at these times may cut down on accidents.
  • If they have trouble with zips or buttons change to track suits. Trousers with elastic waists are easier to use. You can also use Velcro to fasten trousers.
  • Keep the path to the toilet clear. Don’t leave things in the way that might make it harder to get to the toilet.
  • A night light may help. This can make the toilet door easier to see.
  • Use outside help to ease the load of caring for a person with dementia. You may be able to get help with laundry, shopping and respite care from health and community organisations.

Seek advice

The doctor, continence physiotherapist or continence nurse advisor can help find the causes of the problem. They can then suggest ways to treat problems including:

  • reviewing their medicines.
  • suggesting the use of products to contain bladder and bowel loss. These might be pads or special pants. You can get advice about the right types of products to use. These products aim to improve quality of life.

You may be able to get funds to help pay for continence products. You can get advice about eligibility by calling the National Continence Helpline 1800 33 00 66.

排尿と排便のコントロールができない認知症の人のために何かできますか?

はい。

認知症の方は、一部の治療が効果ありません。それでも快適さと尊厳を保つ方法はあります。

認知症の人を支援する方法についてのヒントは次のとおりです

  • 認知症の方の排尿と排便の習慣をしばらく観察します。これによりトイレの習慣のパターンが見えてくることがあります。
  • トイレに行きたいと思う兆候を観察します。たとえば、落ち着かなくなったり、特定の方法で洋服を引っ張ったりするかもしれません。その兆候が現れたら、漏れる前にトイレに連れて行くことができます。
  • 認知症の人または混乱している人は、尿意または便意を感じないことがあります。これにより、便や尿を漏らす可能性があります。便通が発生する一般的な時間は、食事の直後であり、多くの場合朝食後です。
  • 認知症の人の言うことを注意して聞いて対応してください。
  • 居間に物があふれていないように片付けます。これによりトイレが見つけやすくなります。
  • 認知症の人の環境をシンプルにして、わかりやすくします。
  • 敬意と誠意をもってケアをします。

排尿および排便コントロールを確認します

医師、失禁物理療法士、または失禁看護アドバイザーからのアドバイスを受けてください。

排尿および排便コントロールの健診には、身体検査が含まれることがあります。医療従事者は、問題が発生する時期、場所、理由について聞きます。

多くの場合、必要な詳細を提供できる人は介護者です。介護者は以下の詳細を提供するように求められることがあります。

  • 認知症の人がトイレに行く/失禁する時間
  • 漏れる分量
  • 便通がある時間と頻度

排尿コントロールと排便コントロールを改善する方法

  • 医師からの特別な指示がないかぎり、認知症の人が1日に1.5〜2リットルの水分をとるように確認してください。十分な水分をとることで、
    • 膀胱炎の治療に役立つ。
    • 便通が改善する。
    • 膀胱が健全に保たれる。
  • カフェイン飲料を控えます。カフェインは膀胱に刺激を与える可能性があります。カフェインはコーヒーやコーラに含まれます。お茶に含まれるカフェインはそれより少なくなります。
  • 便秘を避けます。認知症の人が以下のことをするように確認します。
    • 毎日果物2種類、野菜を5種類食べる。
    • 医師からの特別な指示がないかぎり、1日に1.5〜2リットルの水分をとる。
    • できるだけ体を動かす。
  • 便秘になったら治療する。
  • 認知症の人がトイレに行きたいと思う兆候を観察する。
  • 最もよくトイレに行く時間を書き留める。最もよく漏らす時間も書き留める。
  • 書き留めた時間に、トイレに行くように勧めるか、トイレを使用する手助けをしり。これらの時間にトイレに連れて行けば、漏らさずに済むかもしれません。
  • チャックまたはボタンに問題があれば、ジャージに着替えてもらう。ゴム付きのズボンは脱ぎやすいのでお勧め。ズボンにベルクロファスナーを使用することもできる。
  • トイレへ行く通路を片付ける。トイレに行くことを妨害する可能性がある障害物を通路に置かない。
  • 夜間の照明も役立つことがある。これにより、トイレのドアが見えやすくなる。
  • 外部の支援を受けて、認知症の人の介護の負担を軽減する。医療およびコミュニティー組織から、洗濯、買い物、レスパイトケアなどのサービスを利用できることがあります。

アドバイスを求める

医師、失禁理学療法士、または失禁看護アドバイザーが、問題の原因を見つける支援を行い、以下を含む問題を治療するための方法を提案できます。

  • 医薬品を見直す。
  • 排尿または排便コントロール関連用品の使用を勧める。これらには、パッドや特別なパンツが含まれます。どの製品を使用するかについて、アドバイスを受けることができます。これらの製品により、生活の質が改善します。

失禁用品を購入するための手当を受けられることがあります。全国失禁ヘルプライン(1800 33 00 66)にお電話し、受給資格に関するアドバイスを得ることができます。

Can medicine help with bladder and bowel control?

Yes.

  • Antibiotics may be given to treat a bladder infection.
  • If dementia is mild, tablets may be given to help settle an overactive bladder and help the bladder store more urine. They can cut down the number of times the person goes to the toilet. It is normal to go to the toilet about 4 to 6 times during the day and get up once each night over an 8 hour sleep.
  • In some men with big prostates, the urethra (urine tube) is too narrow to let the urine out. Sometimes medicine can make it easier to pass urine in this situation.
  • ?Some medicines may cause bladder and bowel control problems, or make them worse. Medicines should be checked by a doctor and may need to be changed.

Side effects of medicines

The use of medicines should be managed with care by their doctor. Tell the doctor about any problems the medicines cause. Some medicines for bladder and bowel control problems may cause new problems.

Side effects might include:

  • increased confusion.
  • dry mouth.
  • constipation.
  • poor balance.
  • lack of energy.

薬で排尿コントロールと排便コントロールを改善できますか?

はい。

  • 抗生物質は膀胱炎を治療するために使用されます。
  • 認知症が軽度の場合、過活動膀胱の治療に錠剤を服用して、膀胱がより多くの尿を保持できるようにすることができます。こうして、トイレに行く回数を減らすことができます。1日に4〜6回トイレに行き、8時間の睡眠中1回トイレに起きるのは普通です。
  • 前立腺の大きい男性は、排尿するための尿道が狭すぎます。この場合、薬で排尿しやすくすることができます。
  • 薬で排尿および排便コントロールに問題が発生したり、問題が悪化する可能性があります。薬は医師が確認し、変更の必要がある場合があります。

薬の副作用

薬の使用は、医師が管理する必要があります。薬で引き起こされる問題については医師にお伝えください。排尿および排便コントロール用の薬によっては、新しい問題を引き起こされます。

以下のような副作用があります。

  • 普段より精神が混乱する。
  • 口が渇く。
  • 便秘。
  • バランス感覚がなくなる。
  • 疲れやすくなる。

Seek help

You are not alone. Poor bladder and bowel control can be cured or better managed with the right treatment. If you do nothing, it might get worse.

Phone expert advisors on the National Continence Helpline for free:

  • advice;
  • resources; and
  • information about local services

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm Monday to Friday AEST)

* Calls from mobile telephones are charged at applicable rates.

To arrange for an interpreter through the Telephone Interpreter Service (TIS), phone 13 14 50 Monday to Friday and ask for the National Continence Helpline. Information in other languages is also available from continence.org.au/other-languages

For more information:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* Calls from mobiles are charged at applicable rates.

助けを求める

お悩みの方はあなただけではありません。排尿と排便のコントロールの問題は、適切な治療を受けることで回復または管理できます。そのままの状態では、悪化することがあります。

National Continence Help Line(全国失禁ヘルプライン)に電話すれば、無料で専門家による以下のアドバイスが受けられます。

  • アドバイス
  • 資料、および
  • 地元のサービスに関する情報

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm 月曜〜金曜、東部標準時間)

電話通訳サービス(TIS)を通じて通訳を手配するには、月曜日から金曜日の間に13 14 50にお電話し、National Continence Help Lineに電話してもらってください。その他の言語での情報は、continence.org.au/other-languagesから入手できます。

詳細情報:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* 携帯電話からの電話には、通常の携帯料金が課されます。

0

Last Updated: Wed 15, Jul 2020
Last Reviewed: Tue 17, Mar 2020