Other languages

Nocturia - Going To The Toilet At Night

夜間頻尿– 夜間にトイレに行く

PDF   |  オーディオ

What is nocturia?

Nocturia is when a person has to wake up at night to pass urine. It is a common problem. It is even more common as we get older.

Nocturia can upset your sleep and put you at risk of falls when you get up in the dark to pass urine. Also you may not be able to get back to sleep so you might not function as well through the day. You may sleep in the day and then not be able to sleep well at night. Such changes to your sleep patterns can make the problem worse. You may be more aware of your bladder filling and feel like you need to pass urine more often.

夜間頻尿とは?

夜間頻尿とは、排尿するために夜間に目を覚ますことです。これはよくある問題で、高齢者にはさらによく見られます。

夜間頻尿により睡眠が中断され、排尿するために暗い部屋で起き上がると転倒するリスクがあります。また、再度眠りにつくことができないこともあるので、次の日に十分に活動できなくなる可能性があります。昼間に眠って、夜に眠れなくなる場合があります。睡眠パターンがこのように変化すると、問題がさらに悪化する可能性があります。膀胱が一杯になることに敏感になり、より頻繁に排尿する必要があると感じることもあります。

What are the common causes of nocturia?

Nocturia can be part of many common medical conditions, such as:

  • heart problems.
  • kidney problems.
  • poorly controlled diabetes (Type 1 or Type 2).
  • swollen ankles.
  • taking fluid tablets at night.
  • bladder infections.
  • an overactive bladder.
  • constipation as a full bowel can press on the bladder.
  • an enlarged prostate as this may not let the bladder empty out fully.

Other things that can lead to nocturia are:

  • being pregnant.
  • changing your position from upright in the day to lying flat at night. This way, more blood flows through the kidneys. This means more night time urine is made.
  • having broken sleep as you may go to the toilet just because you are awake.
  • consuming large amounts of fluid before going to bed at night.
  • drinking alcohol or caffeine drinks before going to bed at night. Caffeine is found in coffee, chocolate and cola or sports drinks.

夜間頻尿の一般的な原因は?

夜間頻尿は、以下を含む一般的な病気の一部である可能性があります。

  • 心臓の問題。
  • 腎臓の問題。
  • 糖尿病が適切に管理されていない(1型または2型)
  • 足首の腫れ。
  • 夜に利尿剤を服用する。
  • 膀胱炎。
  • 過活動膀胱。
  • 便秘(腸が膀胱を圧迫するため)
  • 前立腺の肥大(膀胱が完全に空にならないため)

夜間頻尿を引き起こす可能性があるその他の原因:

  • 妊娠。
  • 昼間の直立状態から、夜間の横になる状態への変化。このため、より多くの血液が腎臓を流れ、より多くの尿が作られます。
  • 尿意のためトイレに行くのではなく、眠りが中断され、目が覚めているのでトイレに行く。
  • 夜寝る前に大量の水分を摂る。
  • 夜寝る前にアルコールまたはカフェイン飲料を飲む。カフェインは、コーヒー、チョコレート、コーラ、またはスポーツ飲料に含まれています。

If I reduce my fluid intake will it help?

Some people think if they cut down on how much fluid they drink through the day they may reduce nocturia. This is not correct. Drinking too little can cause you to become dehydrated. Being dehydrated makes the urine stronger (more concentrated). This can upset the bladder and make you need to go to the toilet more often. Dehydration can also lead to constipation.

Avoid being dehydrated as it can also cause:

  • low blood pressure.
  • lack of energy.
  • more risk of falls as you get older especially at night.

水分の摂取量を減らせばいいですか?

昼間に水分を飲む量を減らせば、夜間頻尿が軽減すると考える人がいます。これは正しくありません。少ししか水分を摂らないと、脱水症状を起こす可能性があります。脱水症状では、尿が濃くなります。これにより膀胱に刺激が加わり、より頻繁にトイレに行く必要が発生します。脱水症状は便秘につながることもあります。

以下の原因となるため、脱水症状にならないようにしてください。

  • 低血圧。
  • エネルギーの低下。
  • 高齢になるにつれ、特に夜間に転倒するリスクが高まる。

What should you do if you have nocturia?

You should talk to your doctor if you have regular nocturia. It may not be a simple health problem.

To find out more about your nocturia, your doctor may ask you about:

  • your past health.
  • bladder problems.
  • the medicines you take and what time you take them.
  • if you have broken sleep.

Your doctor might also:

  • check if you have any of the common causes of nocturia.
  • check if you have any of the common medical problems listed before.
  • test your urine for a bladder infection.
  • ask you to keep a chart to check:
    • what, when and how much you drink.
    • when and how much urine you pass.
    • when you go to bed and get up.
  • arrange for urine and blood tests.

夜間頻尿がある場合どうしたらいいですか?

定期的に夜間頻尿がある場合、医師に相談する必要があります。単純な健康上の問題ではないかもしれません。

夜間頻尿の状態について調べるために、医師は次のことを質問します。

  • 過去の健康状態。
  • 膀胱の問題。
  • 服用している薬の分量と、服用する時間。
  • 睡眠が中断するか。

医師は次のこともすることがあります。

  • 夜間頻尿の一般的な原因がないかどうか調べる。
  • 前述の一般的な病気がないかどうか調べる。
  • 膀胱炎がないかどうか尿検査をする。
  • 以下のことを確認するために記録をするように求める。
    • 飲んた水分について(何、いつ、分量)。
    • いつ、どのくらいの分量の尿を出したか。
    • 何時に就寝し、何時に起きたか。
  • 尿検査と血液検査を手配する。

How can nocturia be treated?

It is important to find the cause of nocturia. This allows the doctor to treat nocturia. The doctor can then refer you to the right specialist if needed.

Some treatments could be:

  • cutting back on how much caffeine and alcohol you drink, especially in the evening and before going to bed.
  • reviewing the times you take fluid tablets.
  • wearing support stockings for swollen ankles.
  • resting with your legs up for a few hours in the afternoon or evening.

Other tips include:

  • lighting the path to the toilet.
  • placing a commode or urinal to use next to your bed.

You may be referred to a continence nurse advisor or continence physiotherapist. Your doctor may also refer you to a specialist. The specialist will discuss other treatments with you. These may include medicines which treat the nocturia or medicines to treat the cause of the problem.

You might be referred to a medical specialist such as a:

  • Geriatrician.
  • Urogynaecologist.
  • Urologist.
  • Renal physician.

夜間頻尿はどのように治療しますか?

夜間頻尿の原因を見つけることが重要です。これにより、医師は夜間頻尿を治療できます。医師は必要であれば適切な専門医に紹介できます。

治療は以下のものがあります。

  • 特に、夕方と就寝する前に、カフェイン飲料とアルコール飲料の摂取を減らす。
  • 利尿剤を服用する時刻を見直す。
  • 足首が腫れている場合、着圧ストッキングを履く。
  • 午後または夕方に数時間、足を高い位置に置いて休む。

その他のヒント:

  • トイレに行くための通路に照明をつける。
  • ベッドの横に室内用便器または尿瓶を置く。

失禁看護アドバイザーまたは失禁物理療法士を紹介されることもあります。専門医を紹介されることもあります。専門医はその他の治療法について説明することがあります。例えば、失禁を治療する薬、または問題の原因を治療するための薬などを処方する場合があります。

以下の専門医を紹介されることがあります。

  • 老年病専門医
  • 女性泌尿器科医
  • 泌尿器科医
  • 腎臓医

Seek help

You are not alone. Poor bladder and bowel control can be cured or better managed with the right treatment. If you do nothing, it might get worse.

Phone expert advisors on the National Continence Helpline for free:

  • advice;
  • resources; and
  • information about local services

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm Monday to Friday AEST)

* Calls from mobile telephones are charged at applicable rates.

To arrange for an interpreter through the Telephone Interpreter Service (TIS), phone 13 14 50 Monday to Friday and ask for the National Continence Helpline. Information in other languages is also available from continence.org.au/other-languages

For more information:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* Calls from mobiles are charged at applicable rates.

助けを求める

お悩みの方はあなただけではありません。排尿と排便のコントロールの問題は、適切な治療を受けることで回復または管理できます。そのままの状態では、悪化することがあります。

National Continence Help Line(全国失禁ヘルプライン)に電話すれば、無料で専門家による以下のアドバイスが受けられます。

  • アドバイス
  • 資料、および
  • 地元のサービスに関する情報

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm 月曜〜金曜、東部標準時間)

電話通訳サービス(TIS)を通じて通訳を手配するには、月曜日から金曜日の間に13 14 50にお電話し、National Continence Help Lineに電話してもらってください。その他の言語での情報は、continence.org.au/other-languagesから入手できます。

詳細情報:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* 携帯電話からの電話には、通常の携帯料金が課されます。