Other languages

Bedwetting in Teenagers and Young Adults

ティーンエイジャーと若者の夜尿症

PDF   |  オーディオ

Is bedwetting a problem in teenagers and young adults?

About 2 out of every 100 teenagers and young adults wet the bed at night. This is called nocturnal enuresis. It can be a problem for both young men and women. Most teenagers and young adults who wet the bed have done so since they were a child. Some may have had help as a child but many young people have never had help with this problem. They may think bedwetting will get better with time. They may think that it can’t be helped.

Some young people with bedwetting also have daytime bladder problems. They may:

  • pass urine more often than normal.
  • feel the need to go more urgently than normal.
  • leak urine as they hurry to the toilet (also called overactive bladder).

Bedwetting can make everyday life more difficult. Teenagers and young adults may be embarrassed by this problem. They may fear that people will find out. They can also have the expense and workload of extra washing. It can be tricky to stay away from home overnight. There can also be problems when you need to share a bed or room with someone else. A big worry is what bedwetting can mean for close personal relationships.

ティーンエイジャーや若者でも夜尿症を経験しますか?

約100人に2人のティーンエイジャーと若者が、夜中に尿漏れをします。これは夜尿症と呼ばれます。女性でも男性でも経験します。夜間に尿漏れをするほとんどのティーンエイジャーと若者は、子どもの頃からの経験者です。子どものときにこの問題について支援を受けたことがある人もいれば、一度も助けを得たことがない人もいます。夜尿症は、自然に治ると思っている人や仕方がないと思っている人がいます。

夜尿症に悩む若者の一部は、昼間も尿漏れすることがあります。次のような場合があります。

  • 通常よりも頻繁に排尿する。
  • 通常よりも尿意切迫感がある。
  • トイレに急いで行く途中で尿漏れする(過活動膀胱とも いう)。

夜尿症により、毎日の生活に支障をきたすことがあります。また、この問題について恥ずかしく思う方もいます。人に知られることを恐れるかもしれません。洗濯物が増えるため、手間も費用もかかります。外泊するのが難しくなる可能性もあります。他の人とベッドや部屋を共有する場合も問題となる可能性があります。一番心配なことは、恋人など、親密な人との関係にもたらす影響です。

Is help available for bedwetting?

The good news is that you can get help. Bedwetting can often be cured after careful review and treatment. It can be cured even if past treatment did not help.

Even when it cannot be cured, you can reduce symptoms and keep bedding dry.

夜尿症に対する支援を受けられますか?

幸い、支援が受けられます。夜尿症は多くの場合、慎重な調査を行い、治療することで治ります。過去の治療で効果がなかった場合でも、治ることがあります。

また、完全に治らない場合でも、症状を軽減して寝具を濡らさないようにすることができます。

What causes bedwetting in teenagers and young adults?

Wetting the bed is caused by a mix of three things:

  1. the body making a large amount of urine through the night.
  2. having a bladder that can only store a small amount of urine at night.
  3. not being able to fully wake up from sleep.

Some young adults also have bladder problems through the day. Their bladder does not store or empty properly at night or in the day.

We now know more about the causes of bed-wetting, such as:

  • bedwetting can run in some families.
  • some bladders can’t store much urine through the day or night.
  • some bladders do not fully empty on the toilet, which means some urine stays in the bladder.
  • some kidneys make larger amounts of urine than normal through the night.

ティーンエイジャーと大人の夜尿症は何が原因ですか?

夜尿症は、次の3つの原因の組み合わせで起こります。

  1. 一晩を通じて、大量の尿が体で生成される。
  2. 膀胱が、夜に少量の尿しか保持できない。
  3. 眠りから完全に目覚めることができない。

若者の一部は、日中も排尿に困難を覚えます。それは膀胱が、一日中適切に尿をためたり、出したりできないからです。

夜尿症の原因について次のことが分かっています。

  • 夜尿症は遺伝することがある。
  • 昼も夜も、膀胱に多量の尿をためることができない人がいる。
  • トイレに行っても膀胱が空にならないことがあり、そのような場合に尿が膀胱に残る。
  • 腎臓によっては夜間、通常より多量の尿を生成する。

Can there be other reasons for bedwetting in teenagers and young adults?

Some other things can make it hard to control bedwetting, such as:

  • constipation.
  • infection in the kidney or bladder.
  • drinking too many drinks with caffeine or alcohol.
  • the use of some medicines and illegal drugs.
  • allergies or enlarged adenoids and tonsils which block the nose or upper airways at night.

ティーンエイジャーと若者の夜尿症には、それ以外の原因が考えられますか?

夜尿症の原因として、それ以外に以下の原因が考えられます。

  • 便秘。
  • 腎臓または膀胱の炎症。
  • カフェインを含む飲み物またはアルコール飲料の飲み過ぎ。
  • 一部の医薬品または違法薬物の使用。
  • アレルギーまたは、扁桃腺が肥大したため、夜間に鼻または上気道が塞がれる。

How can bed-wetting be helped?

Research has led to new types of treatment. Bedwetting in teenagers and young adults can be more complex than in children. You must talk to a health professional with special training in bladder problems. You should see a doctor, continence physiotherapist or continence nurse advisor. This health professional will review the problem. They will do a physical check and some tests. One test may check how well your urine flows. For this test you pass urine in private into a toilet. Another test can check if your bladder empties out fully. You may also be asked to do a bladder diary at home.

Treatment will depend on what was found in the check-up, but could be:

  • treatment of constipation.
  • treatment of bladder infection.
  • giving medicines to boost how much urine your bladder can hold.
  • giving medicines to cut down how much urine is made through the night.
  • training to control how well the bladder stores and empties urine.
  • use of an alarm that goes off when the bed or underwear becomes wet. This can be useful for teenagers and young adults as well as children even if used before and was not successful. Alarms may be used combined with medicines.
  • use of continence products to protect bedding and skin.
  • use of products to reduce odour and increase comfort during treatment.
  • a mix of some of the above treatments.

夜尿症はどの程度改善しますか?

調査により、2種類の治療が確立しています。ティーンエイジャーと若者の夜尿症は、子供のおねしょよりも複雑である可能性があるため、膀胱に関して特別な訓練を受けている医療従事者に相談する必要があります。医師、失禁物理療法士、または失禁看護アドバイザーに会う必要があります。医療従事者が、問題を調査します。身体検査といくつかの検査を行います。ある検査では、適切に尿が流れるかを確認します。この検査では、一人でトイレに放尿します。別の検査では、膀胱が完全に空になるかを確認します。自宅で膀胱日記をつけるように求められることがあります。

治療は、検査の結果によって異なりますが、以下の可能性があります。

  • 便秘の治療。
  • 膀胱炎の治療。
  • 膀胱が保持できる尿の量を増やす薬を与える。
  • 夜間に尿が生成される量を減らす薬を与える。
  • 膀胱が適切に尿をためたり、空にできるようにするための訓練を行う。
  • 寝具または下着が濡れると発動するアラームを使用する。以前アラームを使用して効果がなかった場合でも、役立つ可能性があります。アラームと薬を併用することもできます。
  • 失禁用品を使用して、寝具と肌を保護する。
  • 治療中、消臭効果、快適さを高める製品を使う。
  • 上記の治療を組み合わせる。

How can you have a better chance of becoming dry?

Treatment can take a few months to work. If you only take the medicines or use the alarm now and then, it may not work at all.

You have a better chance of success by:

  • having your treatment supervised.
  • being ready to make changes.

When bedwetting does not get better, it is not your fault. In this case, you should see a specialist doctor. There are specialist centres that can help people who have been bedwetting for a long time. Contact the National Continence Helpline 1800 33 00 66 to find your nearest specialist centre.

夜尿症を克服する確率を高めるにはどうしたらいいですか?

治療の効果が現れるまで数か月かかることがあります。 薬やアラームを時々使うだけでは、まったく効果がないこともあります。

以下のことにより、効果を高めることができます。

  • 治療を監督してもらう。
  • 改善するための心構えをする。

夜尿症が改善しなくても、あなたのせいではありません。その場合、専門家の医師に相談する必要があります。長期にわたり夜尿症がある人を支援する、専門センターがあります。最寄りの専門センターを見つけるには、全国失禁ヘルプライン(1800 33 00 66)にお電話してください。

Seek help

You are not alone. Poor bladder and bowel control can be cured or better managed with the right treatment. If you do nothing, it might get worse.

Phone expert advisors on the National Continence Helpline for free:

  • advice;
  • resources; and
  • information about local services

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm Monday to Friday AEST)

* Calls from mobile telephones are charged at applicable rates.

To arrange for an interpreter through the Telephone Interpreter Service (TIS), phone 13 14 50 Monday to Friday and ask for the National Continence Helpline. Information in other languages is also available from continence.org.au/other-languages

For more information:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* Calls from mobiles are charged at applicable rates.

助けを求める

お悩みの方はあなただけではありません。排尿と排便のコントロールの問題は、適切な治療を受けることで回復または管理できます。そのままの状態では、悪化することがあります。

National Continence Help Line(全国失禁ヘルプライン)に電話すれば、無料で専門家による以下のアドバイスが受けられます。

  • アドバイス
  • 資料、および
  • 地元のサービスに関する情報

1800 33 00 66 *

(8am - 8pm 月曜〜金曜、東部標準時間)

電話通訳サービス(TIS)を通じて通訳を手配するには、月曜日から金曜日の間に13 14 50にお電話し、National Continence Help Lineに電話してもらってください。その他の言語での情報は、continence.org.au/other-languagesから入手できます。

詳細情報:

  • continence.org.au
  • pelvicfloorfirst.org.au
  • bladderbowel.gov.au

* 携帯電話からの電話には、通常の携帯料金が課されます。